1年記念日ー紗羅

スポンサーリンク

お迎えは2018年2月9日。初めての里でした。
統士郎はこの時期既にフルチョオーダー済みであったものの、初めてうちに連れて帰ったSDです。そして初めてのキャストっ子。
キャストドールの楽しさを教えてくれたのは紗羅でした。

撮影&里れぽ-SDMコーディネート白蓮お迎え

そして初めての撮影。長年オビツのビジュアドールをはじめソフビっ子はいたのだけれど、キャストっ子の扱いは初めて。

ゴムによるポージングにおそるおそるでした。全然今と雰囲気が違う初々しい紗羅ちゃん可愛い。

撮影―紗羅

お姉ちゃんはビジュアドールのソラ。サラとソラ。

あっという間に一カ月記念日。紗羅しかいなかったのもあって、最初の一カ月は一番よく撮影をしました。まだこの頃は無邪気な妹系紗羅ちゃん。そう、統士郎が来るまでは。

撮影-紗羅との1ヶ月

撮影も行きました。

撮影ー紗羅スタジオ撮影

 

そしていよいよ奴が来るのです。

SDMフルチョ計画7-お迎え編

初めて会った時の紗羅の顔!!!

 

新入りを絶対に認めたくない、統士郎の存在が許せない紗羅。

ちなみに同じメンバーによる、数か月後の再現写真(笑)

すっかり打ち解けて…!!!

ここまで来るには結構長くて、しばらくはそれぞれにスペースを作り、距離をおいたりしていました。

ドールにも相性とかあるんだなって初めて知って面白かったです。統士郎がきてから、基本的に表情がいつも死んでいる紗羅。写真もなかなか撮らせてくれない。

一カ月かけて歩み寄る二人


 

撮影ー紗羅、統士郎との1カ月

 

そんな紗羅も、都亜くんのお迎えにはものすごく嬉しそうな顔をしてくれて、あっという間に打ち解けてくれました。

SDM48コーディネートお迎え

 

妹みたいな顔、それからいつも不機嫌だった顔の紗羅が、お姉ちゃんぽい表情を見せてくれるようになりました。

都亜は誰とでも写真を撮ってくれる子で、統士郎も紗羅も気に入っていた様子。それぞれツーショもいっぱい撮りました。

都亜のおかげで二人の関係も改善された気がします。似合わぬ女装をさせられ、されるがままオモチャと化す都亜。楽しそうな紗羅。

撮影ー都亜

5月頃は服作りのやる気が満ちていて、よく服を作っていました。

ドール道16回目ーSDM服作り撮影編

なんでも可愛く着こなしてくれる紗羅なので、お洋服の作り甲斐がありました。

大好きなゲームのコスプレもしてもらったり。End of Eternityよりリーンベル。

End of Eternity(Resonance of Fate)はいいぞ

雀ちゃんがゆかりちゃん(SDまい)をお迎えしてドールデビューし、沢山一緒に撮影するようになりました。

紗羅も一緒に。

撮影ーSDまいとうちの子窓撮影

 

ドールを誘ってくれたAndyさんのおうちの子やうちの子も増え、段々にぎやかに。

撮影ーSDM男子会

 

初めましての人たちとのスタジオ撮影会にもいきました。

撮影会ー#0624七色撮影会その1

撮影会ー#0624七色撮影会その2

 

あゆさかさんちの大好きなマールちゃんと念願の白蓮合わせ。

紗羅もマールちゃんも大好きな同じ作品のプリンセスたちから名付けていることがわかって、ものすごく嬉しかった。

この日、撮影が楽しい!!もっともっとうまくなりたい!!と思ったきっかけの日でした。

ハンドパーツの重要性とか、ポージングとか、カメラワークとかRAW撮影とか、いろんなことをより意識するように。

この日の紗羅は、すごく可愛い女優さんだった。やる気に満ち溢れていた…

撮影会ー紗羅・みなみ

 

この頃企画もやっていましたね。

企画進捗ー完成しました

白蓮ちゃんの依頼だったので、紗羅にモデルをやってもらいました。

 

伊達さんのお迎えをきっかけに、紗羅が「成長」した気がします。「女」の表情をみせるようになった。

伊達政宗Ⅱお迎え

伊達さんが偏執的なくらい紗羅を寵愛していて、まんざらでもない紗羅。紗羅が誰かにべったりするの、初めて見ました。大きい男子お迎えしてよかった。


紗羅は、どんどん綺麗になりました。

ドール道24回目ーシルヴィアのドレス

18番ちゃんのお迎えのための宝塚の夢咲ねねちゃんのドレスだったはずなのに、結局紗羅がどことなくねねちゃんみたいに可愛く着こなしてくれたので、すっかり紗羅のためのドレスになりました。


雀ちゃんのお家にも小さい女の子がきて、女の子同士どうかな、と思ったらものすごく紗羅がやる気満々だった。逆に都亜がはじめてうまく撮れない相手でした。

撮影会ー紗羅、都亜とまりちゃん

撮影会ー天使の窓にて 紗羅、紗々

 

季節はすっかり冬です。

そして最近の写真。

 

紗羅を撮影する回数は、一見多いようで少ない。

勿論他の子に比べたら多いのだけれど、紗羅と二人だけで過ごした時間を思うと、撮る回数は減っているし、出番も少ないと思う。

私が紗羅を撮りたい、と思っても応じてくれないこともあって、この子は、誰よりもわがままプリンセスなのだなぁと思うし、そんな紗羅が好き。

いつもは撮ろうか、って思っても、のってこない紗羅が(無理やり撮影すると死んだ表情になる。怒ってるみたいに。)時々「ねえ撮って!!!今日は撮って!!!」と主張してくるような気がするときがあって、そんなときは抜群に良い表情を見せてくれるんです。

その回数はすごく少ないから、私と紗羅の撮りたいタイミングが一致する日に撮影するし、普段はただにこにこ笑ってる紗羅の姿を見つめているだけで幸せなのです。

 

これを書いていて思ったのだけれど、紗羅に対して私、ものすごくウェットだなあ。紗羅は声が聞こえる気がする。

彼らの世界に私は介在していない設定だったけれど、紗羅はそもそも統士郎とは別の派閥というか統士郎ワールドの住人ではないから、こっち側に近いのかもしれませんね。

白蓮ちゃんは大好きなヘッド。

それでも私は紗羅が白蓮だということを忘れるくらい、紗羅は私にとっては特別なたった一人の白蓮。

私には、紗羅が紗羅らしいいろんな表情や感情を見せてくれているように見えるのです。

 

これから先、どんな表情を見せてくれるのだろう。とっても楽しみです。