初めてのすみかワンオフーその4 お迎え準備

スポンサーリンク

 

初めてのすみかワンオフーその2

このお話でお迎えすることになった秋葉原ドールポイントのビアンカちゃんの引き取り可能日がいよいよ明日となりました。

その間にあった出来事、今の気持ちなどを。

 

近衛司くんをお迎えしたくて参加したはずのドルポ、結果的にビアンカちゃんとのご縁が結ばれたことをブログで報告したところ、とある方に司くんがキューピッドだったのですね、と言っていただけました。

司くんの抽選に参加したのに、負けたからってビアンカお迎えするの?と思われていたら、事実だけれどもちょっと悲しいなあ、と思っていたので、その一言がすごくうれしかったです。ビアンカをお迎えしていいですか?と周りに確認した私の姿を評価してくださった方もいて嬉しかった。どんな些細な行動も、ちゃんと見ていてくださる方がいるのですね。

実際に司くんがいなかったら私はドルポに足を運んでいないし、ビアンカに出会うこともできませんでした。今回のお迎えで沢山の新しい出会いもあって、それも全部、司くんとビアンカ二人が運んでくれたものでした。

私が司くんへの愛情がとっても素敵だな、と思った今回司くんをお迎えすることになった方もブログを読んでくださり、繋がらせていただくことができました。

 

本当は、目の前の棒を引こうと思っていました。全員が棒をとったあとに、余ったのを引こうと思っていました。でも、くじをせーので選ぶ瞬間、私は絶対コレジャナイ!!!と思った一番左の棒を取りました。絶対にそれは当たりじゃないのに。
私が選んだ一番左の棒の目の前の方は、どれが残っていますか?と最後に余った棒をつかみました。
そして結果、その方が当たりでした。私は、ほっとしたのを覚えています。行くべき人のところにいった。そう直感で感じました。
そしてその方がどうやら私の憧れの司オーナーさんだったようです。本当に良かった。

 

抽選の日のことをこう書いたのですが、その方によると、その方は目の前の棒(私が選んだもの)を引こうと思っていたそうです。
結果論にはなるけれど、私がコレジャナイ!!と思いながらも最後から二番目にその棒をつかんだことによって、最後に残った棒を引いたその方は当選したのだとおっしゃってくださいました。

もし私が予定通り最後にのこった棒を引いていたら。コレジャナイ、と思った一番左の棒をつかまずに自分の目の前の棒を引いていたら。私が司くんをお迎えすることになったかもしれなくて、そうしたらビアンカの可愛さには気づけなかったしお迎えもできなかった。そうしたら今幸せだなあと思っていることは全部なくて。ご縁というものはあるんだなあと思いました。

 

 

 

ところで、自分のところに来るワンオフが飾られている間に会いに行く、という話をみかけるたびに、少し待っていればおうちに来るし、ずっと一緒にいられるのにどうしてなんだろうと思っていましたが、今回その気持ちがよーくわかりました。

 

まずインスタっこじゃないので、自分の記憶に焼き付けても焼き付けても、すぐわからなくなってしまって、会いたくなる。写真撮影はできないので、記憶に頼るしかなく、そしてまた…わからなくなる。どんなお洋服用意しよう、どんな名前にしようかな、と思うたびに、「…?会いにいこ…」となるわけです。

土曜日に抽選して、月曜日に会いに行きました。何が何でも早すぎ。恋ですね、と言われました。多分恋です。

写真が撮れないので、入口のラジオ会館の写真を撮る。この看板がかつてこんなに神々しく見えたことがあっただろうか。

この看板だけでときめく。

たった2週間なのに、全部で4回くらい会いに行きました。

一人でこっそり。家族を連れて。友達と。

家族を連れて行ったときは、店長さんに、「その人のおうちの子です」と紹介されました。嬉しかった。

 

最後に同じワンオフ組の4人並んでいるところを見に行きたくて行ったときには、もうお迎え準備にはいったのか、居ませんでした。

何度も何度も一緒に見た、司くん、くんちゃん、48番ちゃんに最後に一目会いたかったけれど、全員フォロワーさんのおうちにお迎えされたことが発覚したので、お写真見れることが楽しみだし、また並ばせていただける日が楽しみです。


もう待っている2週間が本当に楽しみで楽しみで。お洋服を作ったり、名前を考えたり。

でも統士郎をむかえるときと同じく不安もあって。

 

夢にまで見ました。ビアンカがめちゃくちゃ喜んでいて、動いたり瞬きしちゃってオカルト案件な夢。

どうしますか連れて帰ります?返品します?と聞かれ、すごく嬉しそうだからこのまま連れて帰ります、といった夢。
でも顔が全く違っていて、せめてあの姿に戻ってーと思ったので夢で本当によかった。

この夢を見てちょっとおびえて会いに行ったら、ビアンカちゃんちょっと怒っている気がしました。ごめんね。この先も幸せいっぱいでいられるように大事にするからね。

どんどんウェットなオーナーになっている気がする。

 

 

SDがないので、一番サイズが近いビジュアドールの悠斗でお迎え服作り。だんだんレースやらが盛られていきどこまで盛っていいのかわからなくなる私。

 

ちょっと悠斗の女装に問題がある気がしたので安定の統士郎に着てみてもらいました。kawaii!!!

赤と黒が似合うな、と思って作っていたお迎えドレスが完成したのもつかの間、お迎え前日に、白いドレスを作らなくてはいけない気がして、急遽突貫で作り始めました。

「明日までに白いドレスを作らなくちゃーだって白がいいっていうから」とか言って作っていたら、家族に「誰がいってたの?」と聞かれて。

 

「脳内のビアンカちゃん。」

 

と真顔で答えた私は自分でもだいぶヤバイと思いました。全部ウェットすぎる友人、雀ちゃんのせいだ。

 

白いドレスできました…気に入ってくれるといいな。眠い…そして何故ブログまで更新しているのだ。浮かれすぎですね。

名前はそのままビアンカか、アルディスとつけたいな、と思っているけれど、どうなるかな。

どちらも大好きなガラスの仮面の劇中劇からです。

 

インスタっ子じゃなかったのと、お迎え希望がいなかったのもあって、こんなにビアンカちゃん可愛いんだよ♡とあの子の魅力を伝える使命感に燃えております…次回お披露目予定です。

 

続きはこちら↓

初めてのすみかワンオフーその5 お迎え編